ボーカルを録音する上で、コンプレッサーは重要な役割を果たします。コンプレッサーとは「圧縮器」のことを意味しますが、録音機材でいうところのコンプレッサーは、大きい音を圧縮して、密度を上げ音量を下げるための機材になります。

音を大きくするための機材、と勘違いしている方もいらっしゃいますがそうではありません。では何故、このコンプレッサーが、ボーカル録音に重要な役割を果たすのでしょうか。

音割れを防ぐコンプレッサー

コンプレッサーを通すことで、ボーカルの音がレベルオーバーし、音割れを防ぐことができます。ただし、かけ過ぎるとボーカルの抑揚にまで影響します。この調整が録音の機微となります。