音楽を録音するという作業において、音の入り口にあたるマイクは、とても重要な役割を果たします。どんなに優秀な録音機材があったとしても、マイクからいい音が入ってこなければそれらは宝の持ち腐れになる、というのは当然のことです。では実際レコーディングスタジオなどでは、どのようなマイクを使用しているのでしょうか?

コンデンサーマイク

マイクには大別すると2つの種類があります。ダイナミックマイクとコンデンサーマイクです。ダイナミックマイクは、入ってきた音を電気信号に変えてアンプへと送るものですが、コンデンサーマイクは、音の振動を電圧の変化に変換するものです。ちょっと難しくなってしまいましたが、結論を言うと、コンデンサーマイクの方が感度が良く、レコーディングに向いています。